トップページ

    このサイトでは仙台市で車買取におすすめな車買取業者をランキングで紹介しています。
    「仙台市で車を高い金額で買取をしてくれる車買取店を見つけたい!」と感じている場合はこのページに掲載しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    中古車を高価買取してもらうために外せないのが「仙台市にある複数の車買取専門店で査定をしてもらう」ということ。1社のみとか近所のディーラーで下取りということを考えている場合は絶対に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も数分で終わるくらい隙間時間に使えます。仙台市にある対応している複数の車買取業者からの査定額を比べられるので、仙台市での買取価格の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーとイメージしてしまうぐらい有名なので安心して使えます。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大50社へ中古車の査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと複数の買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡はありません。
    その上、仙台市対応で使うのはタダ。

    「少しでも高く車を売りたいから仙台市の車買取業者を調べたいけど、電話で営業されるのは…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが所有している車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、仙台市で数年落ちの中古車でも高く売れる買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると仙台市にあるいくつかの買取業者から見積りの電話がかかってくるのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    車の実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    査定も電話も1度きりで約2000社の車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取一括サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちの中古車の買取相場をチェックしたい」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後は仙台市にあるいくつかの中古車買取業者から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    仙台市対応の車買取業者から電話がかかってきた時はすぐに即決することなく、複数社に査定してもらうことで長年乗ってきた中古車でも高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車を査定してくれるので、納得できる価格を提示してくれた中古車買取店にあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場を表示してくれる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    1社だけでなく複数の業者に査定の見積もりを依頼することで買取金額の違いや相性を比べることが可能になるので、仙台市にある複数の車買取店に査定依頼をして数年間愛用してきた車を少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるようにあの楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    車の一括査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントが付与されるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    数年落ちの車を高額買取してもらって、さらに楽天ポイントがプレゼントされるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の中古車買取業者と比べると少なく感じますが、仙台市対応の最大10社が中古車の査定してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の場合の価格がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、たいていの買取業者で、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、見積もり結果を出してくれるのです。

    出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

    多くの業者から同時に査定してもらえば時間短縮の利点もありますし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定金額の競争が生まれますからこれらの結果として見積額が高く提示される可能性が期待できるのです。

    いくつかの業者から見積もりを出すことを俗に相見積もりといいます。

    これをいつでも可能にしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に現実的に車を見積もってもらい、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    買取業者の中には相見積もりを嫌がるところもありますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、値段がつかない場合も出てきます。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても一様に査定金額がゼロ円だった際にも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ引き取ってもらう方法もあるので、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、約10000キロと見積もるのが一般的です。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そしてさらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといった意味ではありませんから大丈夫です。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、使えるパーツ単位で計算してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    もし査定金額に満足してその場で契約を決めた場合でも、ひとつでも書類や印鑑などが欠けていたら契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    できるだけ早めに振り込んでほしい場合は、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に書類を整えておく必要があります。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、事前にネットなどで調べておきましょう。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで買取対象となる車を実際に業者が採点していき、車の状態に応じた査定額が決まります。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、先方による書類上の手続き等を経て業者から売却代の振込があるのが普通です。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのに値段がつかないような時は、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    あとは廃車という選択肢もありますが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    そうした業者の取り柄というと、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、無償で車を処分してもらえるという点です。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、自動車保険代もかかります。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、駐車場の料金もかかってくるのです。

    所有する車を売却するかしないか考えている場合には、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのかじっくり検討してみると、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。